キャッシングの会社の特徴

キャッシングは様々な金融機関が商品化しています。
最近ではIT企業なども参入しており、非常に競争が激しくなっています。

 

利用者側としてはサービスが充実してますます使いやすくなっています。
ただし数あるキャッシング会社の中から「どこで借りればいいのか」悩まれる方も多いのではないでしょうか。

 

それぞれに金利や返済期間などが異なっています。
まずはキャッシング会社の特徴をよう把握するようにしましょう。

 

キャッシングを提供する会社は、主に次の3つに分類することができます。

 

銀行系キャッシング

メガバンクや地方銀行、信用金庫などが提供するキャッシングです。
一番のメリットは低金利でしょう。

 

顧客から預金を預かり、その資金をキャッシングとして提供できる分、低金利が可能となっています。
最近では「ネット銀行」のキャッシングが非常に低金利で人気が高まっています。

 

ネット銀行は基本的に有人店舗を保有しません。
人件費や店舗管理費を削減できる分、低金利のキャッシングを実現できるのです。

 

豊富な資金量を背景に、借入限度額も高くなっています。
ただしその分審査基準はやや厳しく判断されます。

 

顧客からの預金を運用する都合上、審査基準を厳しくして貸倒を防ぐ必要があるのです。
また審査時間もやや必要とする商品も多く、素早い借入を希望する場合には難しいケースもあります。

 

消費者金融系キャッシング

街中で有人店舗や無人契約機を見かけることのできる消費者金融が提供するキャッシングです。
そのほとんどが「即日融資」に対応しており、素早い借入が可能になっています。

 

非常に手軽に利用できるとあって、大手を中心に人気が高まっています。
審査基準も銀行系に比較すると緩やかで、「銀行で借りることができなかったが、消費者金融で借りることができた」という声もよく聞くことができます。

 

ただし消費者金融は「総量規制」の対象ですので、年収の3分の1を越える借入は利用できません
また銀行系に比較してやや金利が高めとなっている点も注意が必要でしょう。

 

信販系キャッシング

普段のショッピングなどに利用できるクレジットカードを発行している会社が提供するキャッシングです。
その多くはクレジットカードの「ショッピング枠」とは別に「キャッシング枠」を設定して商品化しています。

 

またキャッシング専用のカードを発行している信販会社もあります。
先の2社のちょうど中間的な特徴を備えています。

 

金利は銀行系よりも高いものの、消費者金融系よりも低くなっています。
審査基準は銀行系よりも緩やかですが、消費者金融系よりも厳しくなっています。

 

「ポイントサービス」などの各サービスが充実している点はメリットといえるでしょう。

 

まずは自分が利用しようとしている会社が、どのような特徴を備えているのかよく把握するようにしましょう。
そしてなるべく多くの情報を入手して、各条件面を比較・検討するようにしましょう。


このページの先頭へ戻る