キャッシングとは何か?

「お金に困ったらキャッシング!!」

 

このような宣伝を掲げている金融業者をよくみかけます。
そもそも「キャッシング」とは何かご存じでしょうか。

 

「キャッシング」とは個人向けの小口融資のことを指します。
個人向けですので、法人会社や個人事業主の運営資金としては利用できません。

 

またパチンコや競馬などのギャンブルや株式投資などの投機性資金としての利用も禁止されています。
借りることのできる金額は数十万円から数百万円単位で比較的小口の融資です。

 

しかし中には数千万円以上借りることのできる大口キャッシングを提供している先もあります。
ただし、個人の消費性資金としてはせいぜい500万円程度の需要を満たせば十分といえるでしょう。

 

利用に際して担保や保証人を立てる必要はありません。
大口キャッシングの中には不動産を担保として扱う先もありますが、基本的には無担保・無保証の個人融資です。

 

逆にいえば担保や保証人を当てにした借入はできないということです。
あくまで本人の収入からの返済となります。

 

審査で重要視されるのも本人の収入となります。
その他、勤務先・勤続年数・年齢・他社の借入状況など様々な項目を元に審査が行われます。

 

この審査に合格しなければキャッシングを利用することはできません。

 

街中の金融業者の中には、次のような宣伝を掲げている業者もあります。

 

  • 無審査でお貸しします
  • 審査無しで即融資!!
  • 誰でもすぐに融資可能!!
  • ブラックでもOK!!

 

このような宣伝は一見魅力的に感じますが、非常に危険な先です。
融資を受けるかわりに法外な利息や手数料を請求されることになります。

 

暴力団関係者が出入りしている「ヤミ金」である可能性が高いので、絶対に関係を持たないようにしましょう

 

キャッシングの特徴として「素早い借入が可能」を挙げることができます。
申込みに際しての必要書類も少なく、手続きも簡単に進めることができます。

 

審査回答時間は最短で30分程度、早ければ申込みから契約、借入まで1時間程度で完了することができます。
申込みを行ったその日に融資を受ける「即日融資」が今や当たり前の状態になり、急な出費にも十分対応可能になっています。

 

現在日本のキャッシング利用者は1,300万人以上といわれています。
実に国民の10人に1人以上の方が利用されていることになります。

 

街中には様々な金融業者の友人店舗や無人契約機を見かけることができます。
ゴールデンタイムにも消費者金融のユニークなCMが放映されています。

 

今やわたしたちの生活にすっかりとけこんだ感じのあるキャッシングを上手に活用していきましょう。


このページの先頭へ戻る