キャッシングとカードローンの違いとは?

キャッシングには借入可能な借入限度額が設定されます。
借入限度額の範囲内であれば、基本的にいつでも自由に借入を利用することができます。

 

返済により借入限度額に空き枠が生じれば、その空き枠はいつでも自由に利用することができます。

 

キャッシングの審査に合格すると、借入専用のカードが発行されます。
そのカードを使用してATMやCDで現金を引き出すことで借入が成立します。

 

ちょうど銀行のキャッシュカードと同じ仕組みですが、あくまで借金であり自分のお金を引き出すのではありませんので注意しましょう。
ちなみにATMとは「現金自動受払機」の略で、現金の入金・出金両方を取り扱うことができます。

 

一方CDとは「現金自動支払機」の略で、現金の出金のみ取り扱うことができ、入金では利用できません。
キャッシングでは返済時もカードを使用できますが、CDでは返済できないということにも注意しておきましょう。

 

最近ではカードを使用しないで、指定した金融機関の口座に融資金を振り込むことのできるキャッシングも登場しています。
インターネットや電話から利用を申し込むと、時間帯にもよりますが瞬時に振込が完了します。

 

自宅や外出時などにも利用できますので、多忙な方でも便利に借入することができます。
通常は振込手数料は発生しませんので、費用負担を心配する必要もありません。

 

このような性質を持つ個人ローンとして、キャッシングの他に「カードローン」を挙げることができます。
インターネットの比較サイトなどでは「キャッシング」と「カードローン」を同様の個人ローンとして扱っているサイトも存在します。

 

しかし厳密にいえば両者は異なる種類の個人ローンで、その違いは「返済方法」にあります。

 

キャッシングとカードローンの違い

「キャッシング」は基本的に「一括返済」のローンです。
借りたお金は翌月の返済日にそれまでの利息を合わせて一括で返済します。

 

一方「カードローン」は基本的に「分割返済」のローンです。
借りたお金は毎月の返済日(約定日)にその時点で計算された利息とともに返済します。

 

ただし最近の金融業界では、この違いが非常にあいまいになっています。
「キャッシング」と名のつくローンでも分割返済が可能になっています。

 

「カードローン」と呼ばれるローンでも当然のように一括返済が可能になっています。
インターネットの比較サイトで両者が同様の扱いを受けていることの要因になっています。

 

わたしたち利用する側としては、この違いを知っておくとともに商品自体の中身に注目して利用するようにしましょう。
名称の違いにとらわれることなく、商品の性質をよく把握することが大切です。

 

「キャッシング」「カードローン」ともに様々な商品が展開されています。
自分の生活スタイル・借りる目的・現状と今後の人生プランなどに応じた最適な商品を選択するようにしましょう。


このページの先頭へ戻る