キャッシングを無利息で利用する方法

キャッシングでお金を借りると、通常は利息が発生します。
借りた元金と日数に応じた利息を返済しなければいけません。

 

しかし中には「無利息」で利用できるキャッシングも存在しています。

 

「給料日まであと少し、その間だけ借りたい」
「入院費用を保険金の入金前に支払う必要がある」
「後数日待てば確実にまとまったお金が入るのに」

 

このようなケースでは「無利息」のキャッシングを利用することを検討してみましょう。

 

無利息キャッシングとは

消費者金融などを中心にした「無利息キャッシング」は、一定期間を設けてその間だけ無利息で融資するというサービスです。
無利息期間はキャッシング会社により異なっています。

 

1週間、30日、180日といった無利息期間が商品ごとに設けられていますので、自分に応じた先を選ぶようにしましょう。
180日といえば半年近くも無利息でお金を借りることができるわけで、その便利さはいうまでもないでしょう。

 

無利息サービスの対象者は、ほとんどが「初回利用者」となっています。
初めてキャッシングでお金を借りる方に対して無利息サービスを提供することで、顧客を獲得しようという会社側の営業戦略の一環です。

 

また「WEBサービス申込み」「メール会員申込み」などの条件が付与されている先もあります。
通常は簡単に満たすことのできる条件となっていますので、事前に確認して条件を満たすことを忘れないようにしましょう。

 

無利息キャッシングの注意点

当然無利息期間を経過すると、通常の利息が発生します。
一般的に「無利息期間=返済期日」となっているはずですので、無利息期間経過とともに延滞利息も発生することになります。

 

延滞利息は通常の金利よりもはるかに高く(ほとんどの場合、法律上で認められる最上限金利の20.0%)、わずかな遅れでも大きな負担となります。
また延滞することで個人信用情報に記録が残りますので、新たな借入も難しくなります。

 

無利息キャッシングでは、利息がつきません。
そのため「借金を行っている」という意識が薄れがちになることもあるでしょう。

 

複数の会社から無利息キャッシングを利用することも理論上は可能ですが、審査に合格できるとは限りません。
仮に返済できなくなると、個人信用情報に傷が残り、今後の人生にも悪影響を与えるかもしれません。

 

無利息キャッシングとはいっても、あくまで「借金」であることには変わりありません。
この事実をよく認識することが大切です。

 

不必要な借入は避けるとともに、利用時には必ず無利息期間内に返済できるようにきちんと返済計画を立てるようにしましょう。


このページの先頭へ戻る