キャッシングの利息の仕組み

キャッシングでお金を借りる場合、一番気になるのが利息の問題でしょう。
「できるだけ低金利で借りたい」と誰もが思うものです。

 

それにはまず利息と金利の仕組みをよく理解しておくことが大切です。
「利息」とはお金を借りる場合の手数料のことです。

 

そして借りたお金に対してどれだけ手数料が発生するのかを計算するのが「金利」となります。
金利の表示方法には「年利」「月利」「日歩」などがあります。

 

それぞれ借りたお金に対して「1年間で何%」「1ヶ月で何%」「1日で何%」の利息が発生するのかを示しています。
現在のキャッシングではこのうち「年利」が用いられています。

 

また法律上は「実質年利」を使用することが義務付けられています。
個人ローンでは利息以外に「ローン手数料」「事務手数料」「保証料」などの費用が発生することがあります。

 

「実質年利」とはこれらの費用を全て含んで計算する、という意味です。
費用負担が分かりやすくなっており、利用者側も返済計画などを立てやすくなっています。

 

ただし利用時の提携ATM手数料などは別途負担しなければいけません。

 

「実質年利」ではなく単に「年利」とだけ表示されているキャッシングでは、他に多額の費用が発生する恐れがあります。
一見「低金利」に見えますがだまされてはいけません。

 

暴力団関係者が出入りしている「ヤミ金」である可能性が高いので注意しましょう。

 

利息の計算方法

借りたお金に対してどれだけの利息が発生するのかは、次の計算式で示すことができます。

 

  • 利息=借りたお金×金利(実質年利)÷365日×借りた日数

 

例えば60万円を実質年利15.0%で1ヶ月(30日)借りた場合の利息は次の通りです。
60万円×15.0%÷365日×30日=7,397円

 

60万円を実質年利15.0%で30日後に返済する場合は、借りたお金60万円に合わせて利息7,397円を返済する必要があるということになります。
この60万円を「毎月5万円ずつ元金均等」返済を行う場合には、次のようになります。

 

1ヶ月目

借入残高は60万円なので利息は 60万円×15.0%÷365日×30日=7,397円。
これに返済元金5万円を合わせて57,397円を返済する。

 

2ヶ月目

借入残高は55万円なので利息は 55万円×15.0%÷365日×30日=6,781円
これに返済元金5万円を合わせて56,781円を返済する。

 

3ヶ月目

借入残高は50万円なので利息は 50万円×15.0%÷365日×30日=6,165円。
これに返済元金5万円を合わせて56,165円を返済する。

 

これを借入残高が0になるまで繰り返していくことになります。
ただしこのケースでは「毎月元金5万円の元金均等返済」という「返済方式」によるものです。

 

「返済方式」の違いで、同じ借入金額、同じ金利であっても毎月の返済金額が異なりますので注意しましょう。
キャッシング会社のホームページでは、返済金額をシュミレーションできるツールが準備されていますので活用しましょう

 

トイチとは?

 

ドラマなどでよく登場する「トイチ」とは「10日に1割」の金利という意味です。
例えば100万円を「トイチ」で借りた場合には、10日に10万円の金利が発生することになります。

 

単純に千円以下を切り捨てして計算してみると……

 

  • 10日目→100万円+10万円=110万円
  • 20日目→110万円+11万円=121万円
  • 30日目→121万円+12万円=133万円

 

1年間全く返済しないで利息が発生していくと考えると、これを繰り返して実に3,091万円まで借入が膨らむ計算になります。

 

年利に直すと「3,091%」と驚くほどの高金利です。
ただしこのような金利のキャッシングは法律上禁止されていますので安心しておきましょう。


このページの先頭へ戻る