キャッシングの審査に通らない場合には?

キャッシングの審査に不合格となった場合、その明確な理由を知ることはできません。
単に「当社の審査基準に合格できませんでした」と通知されるだけです。

 

しかし不合格になるには、必ず何らかの理由があるはずです。
その理由を解決しなければ、いつまでたってもキャッシングを利用することはできません。

 

そしてその理由は、必ず自分自身によるものなのです。

 

単純に「収入が不足している」「他社で延滞している」という理由はすぐに思いつくでしょう。
しかし中には、意外な理由で不合格となるケースもあるかもしれません。

 

そこで多くの方が盲点となる、キャッシングに通らない理由を考えてみましょう。

 

クレジットカードをたくさん保有している

普段のショッピングや公共料金の支払いにクレジットカードを利用されている方も多いでしょう。
とても便利ですが、あまりたくさんクレジットカードを保有していると審査に悪影響を与えることになります。

 

とくに「ショッピング枠」とは別に「キャッシング枠」が付与されたクレジットカードの場合、たとえ利用がなくても「借入残高」として判断されることになります。
「昔友人に頼まれて作ったクレジットカードがたくさんある」という場合、解約などの手続きも必要になるでしょう。

 

複数の会社に一度に申し込む

どうしても借りたいという気持ちが強いためでしょうか。
かたっぱしからキャッシングを申し込む方もおられますが、この事実が審査では不利となります。

 

「個人信用情報」ではキャッシングの申込履歴が即座に反映されます。
審査担当者が、複数の申込み事実を確認すれば、どのように思うでしょうか。

 

「お金に困っているのでは」
「一気に借りて逃げてしまうのでは」

 

このような疑念を持たれると、もはや審査に合格することはできません。
申込みは必ず1社ずつ行うようにしましょう。

 

嘘の申告を行う

こちらもどうしても審査に合格したい気持ちが強いためでしょうか。
申込内容に嘘の記述を行うと、審査に合格することができません。

 

収入を多く記入したり、他社の借入を少なく申告してもすぐにばれてしまいます。
たとえ確認資料がなくても、審査担当者は金融のプロ、素人がついた不自然な嘘はすぐに見破るだけの能力を備えています。

 

嘘をつく方に対して信用してお金を貸すことができるでしょうか。
仮に嘘をつかなくても十分審査に合格できるだけの基準を満たしていたとしても、その嘘自体が致命傷となることもあるのです。

 

キャッシングの申込みに嘘はNGです。


このページの先頭へ戻る