キャッシングを低金利で利用するには?

「キャッシングでお金を借りるなら、できるだけ低金利で!!」
誰もがこのように思われるのではないでしょうか。

 

しかし、無造作にキャッシング会社を選んでいても低金利は望めません。
キャッシングを低金利で利用するには、いくつかおさえておきたいポイントがあります。

 

情報を多く入手する

キャッシングを取り扱っている会社は、それこそ星の数ほど存在しています。
まずは多くの情報を入手することからはじめましょう。

 

インターネットの検索サイトなどを活用すると、低金利で融資可能なキャッシング会社の情報をたくさん入手することができます。
そして入手した情報を比較・検討するようにしましょう。

 

低金利のキャッシングとしては銀行系キャッシングが有名です。
しかし大手消費者金融の中にも低金利で利用できる先もたくさんあります。

 

偏見を持つことなく、最新の情報を入手して比較・検討するようにしましょう。

 

最上限金利に注目する

キャッシングの金利には一定の幅があります。
例えば商品案内などには「実質年利4.8%〜18.0%」というような表示がされています。

 

この場合「4.8%」が最下限金利、「18.0%」が最上限金利となります。
4.8%で借りることができる方もいらっしゃれば、18.0%で借りなければいけない方もおられるということになります。

 

キャッシングの金利は利用者の返済能力によって決定されます。
返済能力に問題ないと判断されると、金利を低くしてたくさん借りてもらおうとします。

 

逆に返済能力に問題ありと判断されると、不合格にしないまでも金利を高くして返済に対するリスクをカバーしようとします。
自分がどの金利で決定されるのかは、審査を受けてみなければわかりません。

 

そこで「最下限金利と最上限金利どちらに注目するべきか」という問題が浮上してきます。
例えば同じ借入限度額500万円のA社とB社の商品案内などには、次のような表示がされています。

 

  • A社:実質年利5.0%〜16.0%
  • B社:実質年利9.0%〜14.0%

 

一見A社の最下限金利の低さからA社が低金利に見えてしまうでしょう。
しかし最下限金利はよほど属性がよくないと適用されません

 

いわば「宣伝効果的」な役割を果たしています。
とくに初回の利用者に対してはほとんどのケースで「最上限金利」に近い金利設定となります

 

キャッシングの金利を比較する場合には、「最上限金利」により注目するようにしましょう。

 

確かに低金利のキャッシングは魅力的です。
しかしその他の条件面もよく確認するようにしましょう。

 

また低金利だからといって必要以上に借入することなく、借入時にはきちんと返済計画を立てるようにしましょう。


このページの先頭へ戻る